トラベルアドバイザーと旅マエ・旅ナカを考える

だれでも旅行を楽しめるよう、困ったことが起きたときにどうしたらよいか、お得な旅行にするヒントなど、現役旅行会社勤務の筆者が解説してきます

離れて暮らす家族と一緒に旅行がしたい!~現地合流プランについて解説

こんにちは、たびおどりです。

たびおどり (@tabiodori) | Twitter

 

 

夏の家族旅行計画中の皆様、こんな旅行をしたいと考えたことありませんか?

f:id:tabiodori:20190530183914j:plain

 

 

・離れて暮らす家族の元へ移動し、一緒に旅行したい

・帰省先の祖父母と一緒に温泉に泊まってのんびり3世代旅行をしたい

 

こういった移動の人数と、宿泊の人数異なる旅行を 現地合流 と私たちは呼びます。

現地合流に関するお問い合わせも、夏の家族旅行時期に多く寄せられます。

 

そこで今回は

夏の家族旅行応援企画第二弾!

現地合流する際の注意点などを紹介していきたいと思います。

 

よろしくお願いします!

 

 

 

 

現地合流のホテルと交通手段それぞれの場合

再度現地合流について解説ですが、一般的に、旅行先に行くときの人数と、旅行先で宿泊をする人数が異なる旅行を言います。 

 

現地合流の方がいる場合は、交通手段がと、現地の宿泊が異なる場合、それぞれの人数で予約すれば良いです。

この場合の旅行代金は、交通手段も宿泊もそれぞれの人数分かかります。

 

しかし、お得に旅行をする場合は、パックでの申し込みもおすすめです。

注意が必要なのは、このブログで解説している、パック商品利用時です。

 

パックの場合

パックの場合は、往復の交通手段と宿泊がセットになっています。

往復の移動と、宿泊をする人はお得かもしれませんが、現地合流する方はどうでしょうか?

 

f:id:tabiodori:20190530184232p:plain

宿泊だけ必要な人はどうする?

例えば、東京から青森の家族の元へ新幹線で行き、青森では現地合流の方と一緒に宿泊する場合を考えてみましょう。

東京から新幹線利用の人はパックでお得になるかもしれませんが、現地で宿泊だけで良い方は、余計な交通手段分含まれているので、パックにせず宿泊出来たら理想的ですよね。

 パンフレットを見てみますと、現地合流プランが設定されているものがあります。

 

現地合流プランは、パックの人と現地合流の人が一緒に泊まれるプランのことです。

当然、現地合流の方は宿泊料だけなので、パックの人はお得&一緒に旅行が出来て楽しさプラスです!

 

現地合流プランの計算方法は?

交通手段付きの方と、現地合流の方それぞれの計算を見てみましょう。

 

現地合流の方がいる場合の料金計算は、宿泊が何人か?と、その内

何人が交通手段付きなのか?で考えます。

 

今回はJTBのパンフレットを例に、8月1日、4人1室星野リゾート青森屋に、大人4人(内JR利用2名現地合流2名)の旅行代金を案内します。

 

以下の料金表を見てみましょう。

f:id:tabiodori:20190528234249j:image

http://ebook.jtb.co.jp/book/?1491042#1 より

 

 

基本代金カレンダーを見ると、8月1日はC料金と設定されています。

まず、現地合流の方も、JR利用する人も4名1室で泊まるので、現地合流の方は宿泊のみの表の4名1室の旅行代金が当てはまります。

つまり、現地合流の方は1人24,700円です。

JR利用はJR+宿泊が当てはまるので、1人46,300円です。

 

この合計となるので、全員合わせての旅行代金は

24,700円×2名+46,300円×2名=142,000円ですね。

 

 

 

現地合流とパック利用が一緒に出来ない例について

 現地合流の方とパック利用の人が一緒に出来ない例について解説します。

 

f:id:tabiodori:20190530184414j:plain

パックの利用条件を満たさない場合

JRパックは2名以上での同一行程の利用が必要となっていることが多いです。

例として、大阪で友人たちと合流して宿泊のグループの場合を考えてみます。

東京から1名、名古屋から1名、大阪で1名がそれぞれ合流の場合は、JRの利用は確かに2名ですが、旅行の行程は東京発と名古屋発が1名ずつのため同一行程となりません。

この場合は、仮に東京から利用する1名と同じ新幹線に名古屋から乗車しても同一行程となりません。

パック料金にするためには、東京発の1名は名古屋まで通常料金できっぷを購入し、名古屋から2名で出発して帰ってくるように工夫が必要です。

 

f:id:tabiodori:20190530203413j:plain

全員がパック利用と定めている場合

 そもそも現地合流を認めないパック商品もあります。

よくある例としては、日程固定型の商品です。

JTBの商品には、北海道、九州、沖縄方面は、飛行機・ホテル・レンタカーがセットになった商品があります。

こちらは3日、4日、5日間と日数が固定されている商品で、この商品利用で旅行に行かれる人は、同一内容での申し込みが条件となっています。

 

まとめ

 いかがでしたか?

交通手段利用の人数と、宿泊の人数が異なる旅行として、現地合流を提案しました。

現地合流の場合は、それぞれの人数で予約をすれば良いですが、交通手段付きの人がいる場合はパックと組み合わせることも出来ます。

しかし、パックで対応できない例もありますので、条件をよく確認した上で検討くださいませ!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

小咄

筆者の最近の予約は楽天トラベルがほとんどです☆

Tポイントがたまるほか、たまるTポイントの即時利用も組み合わせると他の予約サイトよりかなり安くなることも!

特にSOFTBANKユーザーはプレミアム会員のクーポン券(以前は20,000円引きなんてのもありました!)も利用出来てかなりお得ですよ!

詳細は別記事にてまた解説しますね。

 

家族旅を応援します!おとな、こども、幼児の旅行代金について解説

こんにちは、たびおどりです。

たびおどり (@tabiodori) | Twitter

 

夏休みまであと2ヶ月ほどですね!!

f:id:tabiodori:20190523174502j:plain

ぱくたそ(www.pakutaso.com)

家族旅行が最も多くなると言われる7~8月の夏休みを前に、この時期はお子様連れの旅行について多くのご相談を受けます。

その中でも多いお問い合わせがあるのですが、みなさまこのような疑問はありませんか? 

 

大人、こども、幼児の料金ってどうきまるの?

 

こどもはまだ小さいけど、新幹線や飛行機の座席は不要?

 

こどもと添い寝は何歳まで出来るの?

 

家族旅行は、人数が多いため旅行代金も高額になっていきますので、こども料金、おとな料金がどうなるのかは、しっかり確認しておきたいです。

 

そこで、今回は

家族旅行応援!おとな、こども、幼児の旅行代金について解説

と題して、上記の疑問を解説して参ります。

よろしくお願いします。

 

 

 

大人、小人、幼児の分け方の基本について

まず、大人、こども、幼児の分け方の基本についてです。

先に概要を申し上げますと、年齢や学年で区別されます。

おとな・・・中学生以上(13歳以上)

こども・・・小学生以上、中学生未満

幼児・・・・0歳以上、小学生未満

 

ただし、宿泊施設を利用する場合と、交通機関を利用する場合でこの分け方が異なりますので、1つずつ解説して参ります。

 

ホテル、旅館などの宿泊に関して 

まずは宿泊のおとな、こども、幼児の分け方についてです。

宿泊施設での分け方は、先に解説した区分が基本になりますが、ベッド・ふとん(=寝具)は利用するのか、食事は必要かの2点で分け方が異なります。

f:id:tabiodori:20190510001119j:plain

ぱくたそ(www.pakutaso.com)

寝具を使うか?添い寝するか?

 宿泊施設ですから、寝具を使うかどうかは宿泊料金を計算する時に必要な要素です。

基本は

おとな、こどもは寝具がひとり一つ用意され、幼児はおとな1人につき1名が添い寝可能

 

まずこどもについてですが、小学校1年生になりたてでも、家では添い寝しているとしても、原則1人一つ寝具が用意されます。

しかし、宿泊施設が小学生も添い寝で受け入れします、と定めている場合は、小学生も添い寝が可能です。

この例として有名なのは、ディズニーホテルです。

 

また、幼児の添い寝条件は、大人1名に対して幼児1名までですので、大人1名と、幼児2名の宿泊の場合は、幼児1名の内1名は寝具が必要になります。

この場合は、大人1人の宿泊料、こども1人の宿泊料が必要になります。

 

食事は必要か?

特に温泉旅館に関しては1泊夕朝食付きプランが多く、食事の要・不要も宿泊料金に関わってきます。

食事は寝具を利用する人に提供されるので、おとなとこどもは食事が提供されます。

食事の有無と、食事の内容によっても異なりますので、以下バイキングの場合と和食膳やコース料理の場合について分けて解説します。

 

食事がバイキングの場合

こどもに関しては、食事の内容がおとなと同じですが、食べられる量がおとなと比べて少ないだろうと、こども宿泊料金が設定されています。

 

和食のお膳や、洋食のコースなどの場合

f:id:tabiodori:20190523181607j:plain

フリー素材ぱくたそ(www.pakutaso.com)

小学生がお膳もコース料理もおとなの方とほぼ同じ内容を食べる場合は、こどもAなどと宿泊料金が設定されていることがあります。

そこまで沢山食べられない低学年の小学生の場合は、おこさまランチのような、こども向けの食事が設定されていることがあり、こどもBなどと記載されていることがあります。

こどもA、こどもBの区分は、JTB日本旅行など多くの旅行会社のパンフレットに記載されている区分です。

 

幼児の食事は?

次に、幼児の食事について考えてみましょう。

 幼児の食事は、寝具を1人で使う(=こどもとして宿泊する)場合は提供されますが、添い寝の場合はどうなるでしょうか?

 

添い寝で食事を必要とする場合は、食事料金を宿泊施設に支払いが必要です。

 

添い寝で食事も不要の幼児の場合は、食事料金がかかりませんが、施設使用料金が必要となることがあります。

 

食事料金・施設使用料金は施設によって異なりますので、事前に確認をしましょう。

 

 

交通機関に関して 

次に交通機関に関してです。ここでは、新幹線と航空機の2つに絞って解説します。

新幹線利用の場合と、航空機利用の場合でおとな、こども、幼児の区分が異なります。

 

新幹線利用に関して

まず、新幹線利用時の区分です。

おとな・・・中学生以上  乗車券、指定席券が必要

こども・・・小学生以上、中学生未満 乗車券、指定席券が必要。

乳幼児・・・0歳以上、小学生未満  座席不要の場合は乗車券、特急券不要。

 

新幹線利用に関しては、おとなこどもは乗車券と指定席券が必要です。

しかし、幼児が指定席を利用をするかによって料金の計算が異なります。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

乗車券・特急券に関しては、こちらをご覧ください

 

tabiodori.hatenablog.com

 

幼児は指定席を使うかどうか?

通常、おとな又はこどもと同行する幼児が、指定席を1人で1席利用しない(おとなと一緒に座る、こどもと一緒に座る)場合は、乗車券も指定席券も不要です。

しかし、5~6歳にもなると体が大きくなり、一緒に座るのは大変で、幼児用に1席利用する場合は、こども料金の乗車券・指定席券の購入が必要です。 

 

つまり、幼児(0歳~6歳未満)は指定席券無しで新幹線に乗れるが、座席を使う場合は乗車券と指定席券の購入が必要です。

 

余談ですが、新幹線で仙台からディズニーリゾートのある舞浜まで行く場合、乗車券と指定席特急券はどのように購入しますか?

 

正解は、指定席も乗車券も仙台ー東京のみで乗車可能です。

新幹線指定席区間と同じ区間の乗車券は必要ですが、東京から舞浜の間は、おとなと一緒に旅行する幼児は無料で利用できるからです。

 

料金不要で利用できる幼児の人数について

f:id:tabiodori:20190523182141j:plain

フリー素材ぱくたそ(www.pakutaso.com)

おとな、またはこどもに同伴の幼児は2名まで料金不要で鉄道利用が出来ますが、3人目からはこども料金が必要です。

 

例えば、大人1名と5歳幼児1名、3歳の幼児1名が新幹線を利用する場合は

大人の指定席1席と、幼児2名も大人と同じ席を利用する場合は、大人1人分の料金だけで乗れます。

しかし、実際問題1席に3人が利用するのはとても狭く、おこさまも窮屈かと思います。

この家族にもう1名幼児がいらっしゃる場合は到底快適に利用できる環境とは思えません。

3人目からこども料金が必要なのは、3人目からはこども料金を払って指定席を2席用意し、その2席をおとな1名と幼児3人で使うことになるので、利用者の快適性を考えてのルールかもしれないですね。

 

航空機利用の場合

f:id:tabiodori:20190419170559j:plain

フリー素材ぱくたそ(www.pakutaso.com)

 航空機利用の場合も、新幹線利用と同じく座席を利用するかどうかで旅行代金が変わります。

航空機利用時の分け方はこうなります

おとな・・・12歳以上(小学生でも12歳はおとな)座席が必要

こども・・・3歳以上12歳未満(小学校入学前でも3以上はこども)座席が必要

乳幼児・・・0歳以上3歳未満(3歳になるまでは幼児)座席は不要

 

宿泊や、新幹線利用と違い、航空機利用の際は年齢で厳密に分けられています。

 

3歳未満の幼児の利用に関する注意点

3歳未満の幼児は座席無しで利用出来ますが、いくつか注意点があります。

まず、座席不要とはいえ、幼児を同伴すると航空券予約時に申し出る必要があります。飛行中に酸素マスクや救命ベストが必要になった時に、ベストがいくつ必要か、また、酸素マスクが同伴幼児の方にも行き届くよう、座席位置を調整したりの対応が必要になるためです。

また、大人1名につき同伴幼児は2名までですが、幼児のうち1名が2歳以上の場合は、2歳以上の幼児1名分の座席が必要です。

 

パックの場合の注意点

最後は、前回まで解説していたパックの場合の注意点です。

パック商品の解説時にも少し解説していましたが、パックで新幹線や航空機の座席を利用される場合は、宿泊もセットでついてきます。

例えば、5歳幼児が同伴の旅行で寝具不要の旅行希望であった場合、5歳は飛行機の座席が必要になります。 

パックで申し込もうとすると、幼児の寝具もついてくるので幼児の宿泊分、余計?な費用がかかってしまいます。

そんな時に注目していただきたいのが、幼児用旅行代金の設定があるかどうかです。

 

幼児用旅行代金の設定があるか注目すべし

新幹線利用の場合は「幼児用シートパック」、航空機利用の場合は「添い寝プラン」などと設定されていることがあります。

 

参考までに…

こちらびゅうのパンフレットに見つけた幼児シートパックのページです。

f:id:tabiodori:20190525231655j:image

こちらはJALパックのこども添い寝プランのページです。

f:id:tabiodori:20190525231723j:image

 

 

幼児が宿泊は添い寝、往復の新幹線・航空機の座席だけを利用をする場合にはこちらを利用すると、お得に往復の座席が申し込めます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?初めにあげた問いかけに関しては以下の回答です。

 

大人、こども、幼児の料金ってどうきまるの?

⇒基本は年齢をもとに考え、寝具を使うか、食事が必要か、交通機関の座席は必要かで決まる。

 

こどもはまだ小さいけど、新幹線や飛行機の座席は不要?

⇒年齢で要・不要が決まる。新幹線は6歳以上、飛行機は3歳以上が必要。 

 

こどもと添い寝は何歳まで出来るの?

⇒小学校入学前まで可能だが、一部のホテルでは小学生も添い寝が出来る。

 

となります。

この点以外にも解説した点を活用していただき、お得に、楽しい家族旅行になればと思います。

今後も家族旅行応援コンテンツを充実させていきますので、お楽しみに!

 

 

 

航空機付きパックについて〜購入・変更・取消・その他の注意事項について〜

こんにちは、たびおどりです。

たびおどり (@tabiodori) | Twitter

 

今回は航空機パックについての解説です。

JRとホテルのパックと同じく人気の商品で、遠方への旅行には大変人気です。

 

JRパックと同じく申し込みに当たっての注意点がありますが、こんなことを疑問に思うことございませんか?

 

JAL先得割引、ANAスーパーバリューなども安いけど、パックは安い?

・希望の便はとれないと言われた。インターネットで見ると空席はあるけどどうして?

・利用する空港はどう選ぶの?

・飛行機が欠航した場合はどうなるの?

 

といった質問をいただくことがあります。

パックの航空券も通常の航空券と異なりますので、パック用航空券の特徴・商品の性質を踏まえて解説して行きたいと思います。

 

よろしくお願いします。

 

 

 

 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

JRパック商品について解説した前回記事はこちら

tabiodori.hatenablog.com

 

f:id:tabiodori:20190419171656j:plain

フリー素材ぱくたそ(www.pakutaso.com)

航空機付きパック商品の基本

 再三の解説となりますが、パック商品は往復の交通手段とホテルのセット商品のことです。

その中でも、往復の航空券と宿泊がセットになっている商品を航空機付きパック商品と呼びます。

有名どころですと、JALパックが販売しているマイステイや、ANAスカイホリデーの旅ドキがあります。

f:id:tabiodori:20190521143612j:image

 

パック成立の条件について

JR付き商品と基本は同じ考えです。

往復の発着空港は同じ、かつ往復ともパック用の座席が確保出来てパックが成立します。

中には、商品によっては異なる空港の組み合わせが出来るものがあり、この点もJR付き商品と似ている点です。

f:id:tabiodori:20190419170612j:plain

フリー素材ぱくたそ(www.pakutaso.com)

 

異なる空港の組み合わせについて

先述したように、中国・四国地方や、九州の場合がこれに当てはまることが多いです。

九州を例にすると…

羽田から福岡空港へ行き、レンタカーなどで複数箇所を観光し、最後は鹿児島空港から羽田へ帰ってくる。

この組み合わせが認められていることがあります。組み合わせが出来るかどうかは各社のパンフレットを見るとわかります。

 

これは以下のリンクからご覧いただける、JALパックの九州への旅の東京発の紹介のページの切抜きです。

f:id:tabiodori:20190517205421p:image

https://pamph.jalpak.co.jp/domtour/search/book5/15110009/top.html?pg=10

 

見てみると、往復路、7つの空港からお好きな組み合わせがご利用いただけます、と記載がありますね。

パンフレットの記載は商品によって異なりますので、日程や、飛行機の差額料金が記載されているあたりを見てみると良いでしょう。

 

もう一点注意して頂きたいのは、発着空港は羽田空港、の一文です。

これは、羽田から出発したら帰りも羽田に帰ってきてください、の意味です。

JR利用の北陸旅行を例に解説した時と似た表現ですが、往復の発着空港が同じというよりも、往路の発空港と、復路の着空港は同じと考えると良いでしょう。

 

こういったアレンジがある方面に関して、これは私の推測ですが、レンタカーなどで周遊旅行が多い旅先だからではないかと思っています。

 

異なる航空会社の組み合わせが出来る? 

JALパック、ANAスカイホリデーは、往復ともJAL便またはANA便の利用です。

しかし、選べる便が制限されていると旅の自由さが無くなります。

そういった不便さを解消出来るよう、往復の航空会社は異なってもパックに出来る商品を扱っている旅行会社もあります。

代表的なのは、JTB近畿日本ツーリスト日本旅行等です。

パンフレットの日程表、航空差額のページで組み合わせOKと書かれていれば、往路JAL&復路ANAの組み合わせも可能です。 

 

パック用の航空券と、通常の航空券の違い

パック用の航空券は、旅行会社が仕入れた特殊な航空券のため、見た目や取り扱いについて異なる部分があります。以下で項目別に解説していきます。

 

航空券(Eチケット控え)の見た目は?

商品によってEチケット控えの見た目が異なります。

例えば、JALパックのEチケットは専用の様式になっており、往復の全搭乗区間が1枚にまとまっています。

どのパック用Eチケットにも共通で言えるのは、料金が入っていないことです。

それ以外は通常の航空券と同じく、搭乗日・便名・出発時間など入っています。

 

購入にあたっての違いは?

通常の航空券と申し込み方法は変わらず、搭乗者の名前、年齢、性別が必要です。

座席は3歳から必要になる点も同じですが、パックで航空券を用意すると、宿泊も含まれてしまいます。3〜6歳の未就学のお子様であれば、多くのホテルは添い寝が可能なので、幼児用のパック料金設定のある商品で申し込むか、幼児席は航空券のみで購入も検討すると良いでしょう。

 

いつから購入できるのか?

f:id:tabiodori:20190521011424j:plain

フリー素材ぱくたそ(www.pakutaso.com)

通常のJALの航空券は登場日の2ヶ月前から、先得割引などは半年毎に一斉発売、ANAに関してはかなり早くて355日前から発売されます。

パック用航空券は、旅行会社が早くから仕入れて、先得割引きより先に販売しているケースがありますので、パンフレットの設定期間をみたり、旅行会社に問い合わせて確認してみましょう。

 

先ほどのJALパック九州のパンフレットの表紙を見てみますと、4月1日から11月24日までの設定となっています。

f:id:tabiodori:20190521133619p:image

つまり、先得の10月26日より先の飛行機がパックだと先に予約出来るのです。

 

 

マイレージ登録&座席指定について

区間マイルの約50%が貯まります。

マイレージ番号お持ちの方は、申し込み時にお伝えください。

座席指定も可能です。座席指定出来る座席数に限りがあるので、出発日が近い飛行機は座席指定が出来ないこともあります。

座席指定出来る席の中には、ステータス会員のみが選べる座席位置もあるので、この点も注目して頂きたいです。

 

利用方法の違い・注意点は?

大きな違いはありません。

通常のEチケット控えと同じく、パック用の航空券もEチケット控えを提示してチェックインできます。

座席指定が済んでいる場合は、JALのタッチ&ゴー、ANAのスキップサービスが使えますので、預ける手荷物が無い場合は直接保安検査場に向かっていただいて大丈夫です。

 

以下は、普段搭乗手続きを2次元バーコードや、ICカードでされている方に向けての注意点です。

パック用航空券の予約情報をバーコードで取得したり、マイレージ番号の登録されているICカードに登録がうまく出来ないことがあるそうです。

そのため、旅行会社でお渡しする紙のEチケットはかさばるので大変かもしれませんが、旅行の際にはお持ちいただくことをおすすめします。

 

変更・取消は?

 旅行会社で販売したものなので、購入した旅行会社の店舗でのみ変更・取消が可能です。

航空会社のカウンターでの対応は出来ませんが、悪天候時などは航空会社に変更対応を求めることができます。詳細は次項で解説します。

 

便の変更は、変更希望の便にパック用座席の空きがあれば可能です。

ただし、JRと違い、無手数料での変更1回まで可能といったルールは無いので、変更前の航空券はキャンセル=取消の扱いになりますので、取消料がいつから対象になるか注意してください。

パックの航空券は出発の3週間前までキャンセル料がかかりません。

わかりやすく言えば、出発20日前になると、旅行キャンセルでも、便の変更もキャンセル料がかかっての手続きとなります。

 

航空機が欠航してしまった場合は?

f:id:tabiodori:20190521005156j:plain

フリー素材ぱくたそ(www.pakutaso.com)

飛行機利用時に特に多いお問い合わせは

「飛行機が欠航したらどうすれば良いのか?」です。

 

一度このブログで解説をしておりますが、欠航した場合は

①別の飛行機に振り替えをするか、

②飛行機の利用を止めて別の移動手段にするか、

の2択です。

 

①の振り替えの場合は、追加支払いや返金などの差額無しで変更できます。

②の別の交通手段にする場合は、使えなかった(使わなかった)航空券の見合い分を旅行終了後に旅行会社から払い戻されます。

この仕組みさえ知っていれば欠航など恐れることはありません。

 

が、別の交通手段で目的地まで時間通りにつけるかどうか…これは多くのお客様の悩みどころですし、ケースバイケースとしか言いようがないと思います。

絶対に欠席出来ない大切な予定などある場合、台風や冬の時期は、前日までに目的地に着くよう旅程に余裕をもつなど検討が必要かもしれません。

 

 

 過去記事ですが、欠航時の対応を解説していますので合わせてご覧ください。

予約していた飛行機が欠航!?この後どうすればよいの?を解説 - トラベルアドバイザーと旅マエ・旅ナカを考える

 

先得割引、スーパーバリューとの違いは?

料金に関しては、パックにするよりも、先得割引きやスーパーバリューと、ホテルをバラバラで方が安いときがあります。

これは、先得割引やスーパーバリューの割引率がとても良いからです。

 

なので、料金重視ならば先得割引やスーパーバリューで航空券を購入するのが良いです。

 

では、パックの航空券は何が良いのか?

f:id:tabiodori:20190501133251j:plain

フリー素材ぱくたそ(www.pakutaso.com)

 

 

私が思う価格面以外のメリットを2つを紹介します。

 

1つめは、先にも述べましたが、条件によっては先得などよりさらに先の予約が出来ることです。

ANAは355日前から航空券が購入出来ますのでこれより早く購入は難しいです。

しかし、それ以外の航空会社は割引き航空券は半年ごと、通常の航空券は2ヶ月前からの発売ですので、パックの方が早く購入出来るときもあります。 

 

2つめは、キャンセル料が出発21日前までかからないことです。

これも変更・取消でお話しをしましたが、先の旅行を申し込んでおいて、行けなくなったらキャンセルするといった融通が利きやすいです。

通常、航空券は予約後2〜3日中に支払いを完了し、出発54日前からキャンセル料の対象となりますので、「とりあえず取っておく」が出来ません。

そのため、チケット確保前のライブやコンサートといったイベントへ行かれる前に、パックでとりあえず取っておく、が可能です。

 

以前もこぼれ話でお伝えしましたが、旅行に行きたい人が「とりあえず取っておく」でホテルや飛行機がとれず、行けなくなる可能性もあるのであまり大声では言えませんが・・・

 

まとめ

航空券付きパックについて紹介はいかがでしたか?

冒頭の4つの疑問には、このように答えられますね。

 

JAL先得割引、ANAスーパーバリューなども安いけど、パックは安い?

⇒料金重視なら先得の方が安い時がある!

 

・希望の便はとれないと言われた。インターネットで見ると空席はあるけどどうして?

⇒パックで予約出来る座席数は限りがあるので、ネットで見る空席状況とは別です!

 

・利用する空港はどう選ぶの?

⇒商品で設定されている空港から選びます!利用できる空港、乗り継ぎで利用できる空港も設定されている中から選んでください!

 

・飛行機が欠航した場合はどうなるの?

 ⇒別便へ振り替えか、利用を諦めるか、です!

 

いろんな疑問がそれぞれあるかと思いますが、みなさまの疑問が1つでも解決したら幸いです。

 

最後までご覧頂きありがとうございました!

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こちらの雑誌でもお得な旅行の裏技紹介しています♪

 

 

JR付きパック商品について~購入・変更・取消・その他利用にあたっての注意事項について

 こんにちは、たびおどりです。

たびおどり (@tabiodori) | Twitter

 

パック商品についての解説をしておりますが、今回はJRパックについての解説です。

お得になると言われるJRパックですが、利用に当たっての注意点はご存じでしょうか。

 

・パックで申し込んだ列車が取れないと言われた!駅で確認したら空いているのにどうして?

・目的地まで行く途中、周遊しながら観光できる?

・帰りの時間を急遽変更しなければならないけど、時間の変更は駅でも出来る?

・列車に遅れた場合の変更や払い戻しはどうなる?

・高校生なんだけど、学割は使えますか?ジパング倶楽部の会員だけど、安くなる?

 

などなど、問い合わせをいただきます。

 

JR付きパックを申し込むメリットの他、変更・取消についての注意事項を解説して参ります。上記の点が気になった方には特にお読みいただきたい内容です。

どうぞよろしくお願いします。

 

  ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 復習のために・・・パックツアーとは?を知りたい方はこちらをご覧ください。

tabiodori.hatenablog.com

 

パックは安いのか?旅行販売をする私の見解も含め解説しています。

tabiodori.hatenablog.com

 

f:id:tabiodori:20190419170620j:plain

フリー素材ぱくたそ(www.pakutaso.com)

JRパック商品の基本について

既にこのブログをご覧になっている方には復習となりますが、パック商品とは往復の交通手段とホテルのセット商品のことです。

その中でも、往復のJRが宿泊とセットになっているものを特にJRパックと呼びます。

有名どころですと、JR東日本びゅうトラベルサービスが販売している、びゅうの旅があります。

 

さて、往復JRがセットになるとはいえ、どこからどこまで行って帰ってくるぶんがセットになるのでしょうか?

 

パックに出来る駅は決められている

 パックツアーの仕組み解説の際に、パックツアー=募集型企画旅行と少し触れたのを覚えていらっしゃいますか?募集型企画旅行は、旅行条件をあらかじめ定めて、その場合は旅行代金がいくらになります、と定めている商品です。

この旅行条件を定めるにあたり、JRの駅1つ1つ毎に料金を決めるのは大変困難なことです。そのため、パックとして設定される駅はある程度決まっています。

また、JRパックで利用する列車は遠方に旅行に行くのを想定しているので、特急列車や、新幹線の発着する駅が多いです。

f:id:tabiodori:20190509235401j:plain

フリー素材ぱくたそ(www.pakutaso.com)

往復の発着駅は同じ駅を利用する

パック条件を思い返していただきたいのですが、往復の利用が条件のため、往復の駅は同じ駅を利用するのが基本です。東京から大阪に向かう場合、東京駅から出発したら、帰りも東京駅まで利用するといった具合です。

しかし、商品によっては復路発駅アレンジが出来るものがあります。

たとえば、東京から北陸方面へ行く場合、往路は金沢まで利用し、帰りは富山駅から東京まで帰ってくるといったアレンジが出来る商品があります。北陸を周遊したい場合には便利ですので、旅行者の利便性を重視して認められたアレンジでしょう。往復発着駅は同じ、というよりも、

往路の発駅と、復路の着駅は同じ、と表現するのがより正確でしょうか。

f:id:tabiodori:20190509235150j:plain

フリー素材ぱくたそ(www.pakutaso.com)

パック商品のきっぷと通常のきっぷとの違いについて

パック商品のきっぷは、旅行会社が仕入れた特殊なきっぷのため、通常のきっぷとは見た目も、取り扱いのルールについても違いがあります。以下で項目を別けて解説します。

きっぷの見た目は?

通常の指定席のきっぷと同じように、乗車区間、乗車日、列車名、座席番号などはそのまま入っています。なので、自動改札機にもそのまま通すことが出来ます。

パック用のきっぷは、左上に丸の中に契の文字が入っています。

さらに、パック用のきっぷには金額が入っていません。

この2点が大きな見た目の違いです。

 

購入にあたっての違いは?

パック用きっぷは旅行会社でのみ販売します。

かつ、鉄道会社から仕入れている座席を販売するため、発売出来る席数に限りがあります。

そのため、列車そのものに空席があっても、パック用の座席が完売していると、希望の列車を利用出来ないことがあります。

 

また、指定席の座席位置は選べます。

まとめて仕入れているとはいえ、何号車の何番から何番を買い取っているわけではないので、階段近くの号車が良い、トイレ近くの座席が良いなどあれば、申込時に伝えると良いでしょう。

 

利用方法の違い・注意点は?

f:id:tabiodori:20190509235618j:plain

フリー素材ぱくたそ(www.pakutaso.com)

利用方法は通常のきっぷと同じです。

自動改札機に入れるか、有人改札で駅員に見せて利用できます。

注意すべき点は、途中下車が出来ないことです。

東京駅から新大阪まで新幹線を使って向かう旅行の際に、通常のきっぷであれば、名古屋で新幹線を降りて大阪に向かうことが出来ますが、パック用きっぷではまっすぐ新大阪まで移動しなければなりません。

そのため、あちこち立ち寄りの周遊旅行には向きません。

旅行先まで行って帰ってくる、単純な往復の場合はとても便利ですので、旅程に往復の行程が含まれるか検討して申込むと良いです。

 

変更・取消は?

通常のきっぷは、発売エリア限定などの一部の特殊なきっぷを除き、全国どこの駅の窓口でも取扱が出来ますが、パック用きっぷは、購入した旅行会社の同じ店舗でのみ取扱が可能です。

 

きっぷの変更は、通常のきっぷと同じく、1回のみ出来ますが、変更希望の列車にパック用の座席が残っていなければ変更出来ません。

パックを申し込んだ店舗できっぷの変更が出来ない、と言われたとすれば

パックの座席が完売していた可能性があります。

 

取消に関しても購入した旅行会社の窓口でのみ取扱可能です。

しかし、店舗がお休み、営業時間外などの場合は、最寄りの駅で取消の証明をもらい、後日旅行会社で正式に取消をしてもらう、という対応も可能です。

通常、パック用きっぷは駅で取消が出来ないのでこの手続きをする際には 返席(へんせき)と窓口でお伝えください。取消と言うと、「出来ません」と断られてしまうことがあるようです。

 

JR利用なら、学割やジパング割などと併用出来るのか?

こちらも多くいただくお問い合わせなのですが、パック用JR券は通常の切符と違う方法で安くなっています。

学割もジパング割りも通常の切符が安くなるものなので、併用して割引きは出来ません

 

大人・小人の料金の違いは? 

f:id:tabiodori:20190510001119j:plain

フリー素材ぱくたそ(www.pakutaso.com)

通常のきっぷと同じようにパック用のきっぷも、大人か小人かで料金が分けられますので、大人は中学生以上、小人は小学生以上となります。

未就学の幼児については、座席を一人で使う場合は小人料金がかかりますが、パックの場合の小人料金は、宿泊分も含まれます。

宿泊料金は、ホテルのベッドや食事を一人分として利用する場合にかかるので、お子様の体も大きくなってきて、座席は1人で使わせたいけど、寝るのは添い寝で良いのであれば、宿泊は添い寝で申し込みをし、きっぷは個別で小人用きっぷ買った方が安くなることもあります。

 

まとめ

さて、パック用JR券の特徴から取り扱いの違いなどお伝えしましたがいかがでしたか?

いろんなことをお伝えしましたが、共通しているのは、通常のきっぷと異なる点が多いことです。

特に、座席数限定、変更・取消の取り扱いは購入店舗でのみといった部分はパックで申し込みの際に気をつけていただきたい点で、私もお客様には特に強く説明をしている部分です。

制限・制約がありますが、特徴を理解して利用するとお得かつ、便利なものですので、この記事をきっかけに旅行会社を利用したり、パックの利用が増えればと思っております。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

旅行業界についてより知りたい方はこちらの書籍がおすすめです。

商品仕入れの仕組みも図解で載っていますので、理解の手助けになります。

旅行業界に興味のある方にはぜひご一読いただきたい本です。


 

 

 

 

パックツアーって安くなるの?

 こんにちは、たびおどりです。 

たびおどり (@tabiodori) | Twitter

 

ご来店されるお客様から「パックで安く行きたい」と相談を受けますが、みなさんパックって何か考えたことありますか?

パックとは何か?そして本当に安いのか?

この疑問に対して解説をしていく、そんなシリーズの2回目です。

旅費を安くしたい、という方にもお読みいただきたい情報満載でお届けしたいと思いますので、是非最後までお付き合いください。

 

今回もよろしくお願いします。

 

 

 

前回記事はこちら
tabiodori.hatenablog.com

 

パックは安いのか?

f:id:tabiodori:20190419170607j:plain

フリー素材ぱくたそ(www.pakutaso.com)

なんでもそうですが、セットなりパックなりまとめ買いすると、単品で買うより安くなるのはよく知られていることです。

パック商品は、一概に安くなると言い切れませんが、安くなることが多いです。

例えば、JRと宿泊のセットプランはホテルとJR券を個別で買うより、目安として2割ほど安くなると言われています。

 

なぜ安くなるかと言うと、鉄道会社や航空会社から列車・飛行機の座席を一定席数まとめて仕入れることで、1席あたりの単価を下げ、それを個人用に販売している、そんなイメージです。

 

安くならないとこともあるのか?

安くなると言い切れない、とお伝えしましたが、パックにしても逆に高くなることも、あるいはあまり料金が変わらないこともあります。

繰り返しになりますが、座席が安く仕入れられるからこそ、パックは安くなります。

しかし、安く仕入れられない場合は、販売料金も当然高くなります。

その具体例は、ゴールデンウィーク・夏休み・年末年始といった繁忙期の時期です。

 

座席を提供するか?自社で販売をするか?

f:id:tabiodori:20190501133251j:plain

フリー素材ぱくたそ(www.pakutaso.com)

座席を提供するか、自社で販売するかは鉄道・航空会社の経営戦略もあるでしょう。

鉄道会社も航空会社も、旅行会社に安く座席を提供するより、自社で座席を定価で販売出来れば収益が大きくなります。

しかし、自社だけで座席を販売することが難しいので旅行会社にも販売してもらい、なるべく多くの旅行者で満席にして運行したいと考えるのが通常の時期のことです。

しかしながら、旅行会社に販売した座席は旅行会社で管理されるため、座席を提供しすぎると、空席を残してしまうリスクもあります。

ところが、大型連休は必然的に利用客が多くなる為、旅行会社に買い取ってもらわずとも満席状態になります。このチャンスを活かして多くの座席を定価で販売したいと考えるのは当然でしょう。

こんな願ってもないチャンスにわざわざ座席を旅行会社に提供するのだから、高額販売になるのも仕方無いことかもしれません。

 

 

価格面以外でのパックにするメリットは?

テーマと少しそれますが、安くならないならパックにする必要無いのでは?こうも考えられます。

確かに、繁忙期の時期はあまりパックにする魅力が無いように思えますが、パックだからこそのメリットもあります。

私の思うメリットの1つは、キャンセルの融通が利くことです。

 

通常、JR券や航空券は購入した時点で取消料や払戻手数料がかかりますが、国内パックツアーの多くは、キャンセル料は出発日の20日前からかかります。

つまり、21日前まではキャンセル料無しで飛行機や新幹線の座席の取消が出来ます。

このキャンセル規定が適応になるため、

行けるかわからないけど、とりあえず飛行機や新幹線を確保しておくことも可能です。

特に航空券はかなり先まで予約が出来ますので、イベントなど参加予定だけどまだチケットが確保出来ていないといった場合は有効活用出来るかと思います。

 

旅行会社の社員目線ですと、本当に行きたい人に座席提供が出来ない面もあり、あまり強くおススメは出来ませんが(・・;)

 

まとめ

いかがでしたか?

パックツアーが安くなる仕組みから始まり、安くならない場合についてと、パックツアーの価格以外のメリットについて解説しました。

 

次の記事からは、JR付き・飛行機付きのパックツアーについて解説をしてまいります。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。 

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

旅行業界についてより知りたい方はこちらの書籍がおすすめです。

商品仕入れの仕組みも図解で載っていますので、理解の手助けになります。

旅行業界に興味のある方にはぜひご一読いただきたい本です。


 

 

 

旅行会社は賢く使おう~旅費を安くするためにパックツアーの仕組みを理解する

 こんにちは、たびおどりです。 

たびおどり (@tabiodori) | Twitter

いつの間にかずっと香港旅行体験記ばかりになっていたので、本業に近いことを始めようと思いまして、1つ皆さまに質問です。

  

 

みなさんはなぜ旅行会社を利用しますか?

 

 今の世の中、インターネットで旅先の情報も調べられるし、予約も全部個人で出来てしまう便利な世の中です。それでも旅行会社へ行かれるのはなぜでしょう?

 

「相談しながら決められるから」

「予約のしかたがわからないから」

「任せた方が安心だから」

「特典とかついているから」

 

いろんな理由があると思いますが、中には

「パックツアーで安く行きたい」とおっしゃる方もいらっしゃいます。

旅行は余暇活動とはいえ、安く楽しめるのならそれに超したことは無いですから、もっともな回答です。 

 

 

さて、このパック(ツアー)とはそもそも何でしょうか?

何がパックなのか?

 

そして、パックは安いイメージがありますが、

本当に安いのでしょうか?

 

何気なく使っているこのパックツアーについて何回かに分けて解説して参ります。

どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

そもそも旅行会社とは?

f:id:tabiodori:20190419144752j:plain

フリー素材ぱくたそ(www.pakutaso.com)より

 

旅行会社ってそもそも何をやっているのか?パックツアーの仕組みを解説する前に、まずは旅行会社の業務内容についてと、旅行会社で販売する商品について説明します。

 

旅行会社を利用されたことのある方には説明不要かと思いますが、皆様に伝えたいことがあります。それは、旅行会社はただホテルや、鉄道、航空会社に代わって予約・販売をしているわけではないことです。

 

旅行会社は、鉄道会社や航空会社から座席を、ホテルからは客室を仕入れて販売しています。

 

仕入れ値のまま売っては利益が出ないので、利益が出るように売値を設定し、販売して収入を得る。これが旅行会社のビジネスモデルです。

(中には仕入れ在庫と別に代理販売をすることで収入を得られる、受託販売収入の仕組みもありますが、今回は触れません。)

 

つまり、旅行会社も仕入れている在庫があり、旅行に必要なモノを代理販売するのでは無く、付加価値をつけて独自の商品を販売しているのです。

 

旅行会社にも商品がある

商品を仕入れて販売しているので、各旅行会社オリジナルの商品があります。

旅行はモノでは無いので商品と言われてもイメージしにくいのですが、目に見える商品のひとつが、お店に並んでいる パンフレット です。

 

f:id:tabiodori:20190416010900j:image

パンフレットによって、特典や料金も異なりますし、掲載されている施設も異なります。これも全て、旅行会社毎に仕入れ条件が異なり、その結果商品の違いに繋がっているからです。

 

なお、パンフレット=旅行会社の商品は、旅行会社が企画・作成したものなので、一般的には、 企画商品 とよばれています。

 

誤解を招かないようもう少し説明を加えると・・・

企画商品は、広く一般の方に旅行条件を明示して申し込みを受け付ける、募集型企画旅行と、全てオーダーメイドの受注型企画旅行と2つありますが、パンフレットは募集型企画旅行となります。

パンフレット=募集型企画旅行=旅行会社の商品

がより正確です。

 

 

パックとは何か?

パックは、宿泊と往復の交通手段が含まれた企画商品のことです。

ある旅行会社ではパック商品を、交通手段付き宿泊プランと表現しており、これが一番わかりやすいでしょうか。 

 

では、旅行会社でホテルの予約と新幹線の切符をお願いする場合は、全てパック=交通手段付き宿泊プランなのでしょうか?

 

答えは、NOです。

 

実は、旅行会社が販売する企画商品には、宿泊だけ、交通手段だけ、そして交通手段付き宿泊プランなど、いろんな企画商品があります。

加えて、代理販売に近い手配旅行業務もあり、これは切符やホテルを仕入れ値でそのまま販売することなのですが、この方法で切符とホテルを用意することもあります。

仕入れた在庫が完売していたり、もともと企画商品用に仕入れた在庫が無かったりするためこういった販売方法をとることもあります。

 

では、パックで旅行を申し込むにはどうすれば良いのか?

パックが成立する条件についてさらに解説します。

 

パック成立の条件とは

パックが成立する条件は以下の2点です。

①旅行会社が仕入れた宿泊が含まれていること
②旅行会社が仕入れた交通手段が往復で含まれていること

他にも細かな条件、例外がありますが、多くはこの2つを満たしていればパックになります。

どちらも共通しているのは、旅行会社が仕入れたものが含まれてることです。企画商品は、旅行会社が企画した旅行商品ですので当然のことです。

 

注目していただきたいのは、②です。

往復の交通手段が含まれている、が条件なので、

片道旅行(=行ったっきり)や、宿泊無し(交通手段だけ)はパックにはなりません。

 

また、パック商品のJR編と飛行機編で詳細を解説しますが、旅行会社が仕入れた在庫が無い場合もパックは不成立です。

 

まとめ

さて、旅行会社の仕組みから、企画商品があり、パック商品についてと成立条件を解説までしてきましたが、いかがでしたか?

ここまでをまとめると・・・

 

旅行会社は、ホテルや交通機関から部屋や座席を仕入れて商品を作っている

商品(=企画商品)とは、旅行会社のパンフレットのことで、仕入れ条件が異なるのでパンフレットも様々ある

パックは企画商品の内、往復の交通手段付き宿泊プランのことで、パックには成立条件がある

 

販売をする旅行会社目線でのお話が多くて恐縮ですが、この仕組みが理解できると、お得な旅行にしたり、質の高い旅行にしたりと、旅行の選択肢が広がります!

 

 

この商品解説シリーズは、引き続き鉄道編、航空機編と続いていきますのでぜひこの先もお付き合いください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 JTBで国内旅行を調べる!!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

旅行業界についてより知りたい方はこちらの書籍がおすすめです。

商品仕入れの仕組みも図解で載っていますので、理解の手助けになります。

旅行業界に興味のある方にはぜひご一読いただきたい本です。


 

 

香港夜景観光マスト!シンフォニーオブライツについて紹介

こんにちは、たびおどりです。

たびおどり (@tabiodori) | Twitter

 

香港の観光や見所は沢山ありますが、皆さんが思う香港の魅力は何でしょう?

これまで香港体験記内で、観光地や食事など紹介してきましたが、お気に入りはありましたでしょうか。

月並みの言葉ですが、私は一番見応えがあるのはやはり夜景だと思います。

 

実は香港にはギネス記録になっている夜景観光があるのですが、ご存じでしょうか?

 

今回はまだ紹介していない香港観光、シンフォニーオブライツについて紹介します。

 

シンフォニーオブライツとは? 

ヴィクトリアハーバーの両岸で毎夜行われている、光と音が組み合わされた夜景ショーのことで、「世界最大の連続する光と音のショー」としてギネス世界記録に登録されています。

香港の夜景は100万ドルの夜景として大変有名ですが、これは毎日普通にビルが点灯されている状態でのことです。

 

こちらが通常の夜景

写真は九龍半島から香港島側を撮影したものです。

f:id:tabiodori:20190417210603j:image

 

そして、2日目の夜景観光で訪れたヴィクトリアピークからの夜景はこちら

香港島から九龍半島側を撮影したものです。

両写真の間に広がる海がヴィクトリアハーバーです。

f:id:tabiodori:20190417211418j:image

この状態でも十分に美しいのですが、これがシンフォニーオブライツになると150万ドルの夜景にパワーアップします!(笑)

 

毎夜20:00頃から約10分間ほどのショーをシンフォニーオブライツと呼び、この時間は夜空に向かってレーザー光が伸び、また音楽に合わせてビルのライトアップやレーザー光が点滅などして動きます。

その様は、まるでアーティストのライブ会場です。

 

そして、これがシンフォニーオブライツの夜景です。

f:id:tabiodori:20190417212015j:image

正面と左側のビルの屋上からレーザー光が出ているのがお分かりになるかと思います。

 

シンフォニーオブライツはどう楽しむ?

シンフォニーオブライツは時間が決まっているので、20:00前後に予定を入れないようにしましょう。

観光で被りがちなのが、オープントップバス、ヴィクトリアピークからの夜景鑑賞、そして夕食です。

オープントップバスは19:15と、20:40の2回運行がありますが、19:15発はシンフォニーオブライツの頃に女人街観光の時間に当たるはずなので、同じ日に両立させる場合は避けた方が良いです。

また20:40発は、シンフォニーオブライツの綺麗に見られる港から、集合場所のインターコンチネンタルグランドスタフォードホテルまで距離がありますので、これも両立は難しいかもしれないです。

ヴィクトリアピークへ行かれると、上り下りだけでも道路は大渋滞で1時間近くかかるはずですし、何よりシンフォニーオブライツは光と音の演出があるので、山頂では当然音も聞こえません。

なので、シンフォニーオブライツを見るなら、18時までには観光を終え、夕食を食べてから楽しむのが良いと思います。

 

そして、シンフォニーオブライツを見る場所についてです。

中心部のチムサーチョイにプロムナードデッキがあり港に沿って遊歩道が整備されていますので、こちらが綺麗に見えると言われています。

地図でいうとこの辺りです。

 

19:30にはかなり人が増えるので、良い場所を取るなら1時間前に行った方が良い、とアドバイスを頂いていたのですが、買い物などしていて19:45頃到着になりました。

やはり、かなり人が多くプロムナードへ上がる階段は人でごった返していました。

上に上がるのは諦め、下の船着場の近くから見る事にしました。

f:id:tabiodori:20190417220307j:image

写真上にプロムナードの床が見えますが、この辺りは比較的空いていました。

場所は悪くないのですが、途中船が横付けしたりとせわしないのが少し気になりましたので、皆さまには是非、上に上がって見ていただきたいです。

 

シンフォニーオブライツの音楽はどこから聞こえてきたのか正直わかりませんでした。

おそらくプロムナードにスピーカーがあるのかと思いますが、私のいた場所でも問題無く聞こえました。

曲は歌詞などなく、電子音多めのテクノポップ、EDM風でした。

 

私がいた地上部分からも綺麗に見えたので、少し写真も紹介します。

こちら同じ場所で撮影した写真で、通常夜景の写真です。

f:id:tabiodori:20190417212607j:image

こちらはシンフォニーオブライツの夜景です。

f:id:tabiodori:20190417213210j:image

あれ?なんか通常夜景の方が綺麗に見える?なんて言わないでくださいね!撮影機材の違いです…(苦笑)

 

正直なところ、通常夜景とシンフォニーオブライツの夜景は写真でその違いを伝えるのは難しいです。

是非動画でご覧頂くか、香港へ行かれてご自身の目でご覧ください。

 

最後に

さて、いかがでしたか?

夜景の楽しみ方は色々ある中、やはりシンフォニーオブライツは必見だと思います。

ヴィクトリアリアピーク山頂からの夜景も良いですし、オープントップバスから見る街中の夜景も素晴らしいのですが、最も見応えがあるのはヴィクトリアハーバーの夜景で、かつシンフォニーオブライツだと思います。

この凄さはぜひ現地で体感して欲しいです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ヴィクトリアピークからの夜景についてはこちらの記事で紹介しています。

tabiodori.hatenablog.com

 

オープントップバスについてはこちらの記事をご覧ください。 

tabiodori.hatenablog.com

 

夕食や香港グルメについてはこちらを参考にしてください。私が訪れたお店を紹介しています。
tabiodori.hatenablog.com

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

海外旅行検討中の方におすすめな旅行雑誌は、『るるぶ 超ちいサイズ』版です☆

旅行雑誌は出発前に読むことが多いと思いますが、現地に持って行くことまで考えると小さいサイズが断然おすすめです。

小さいと言ってもCDケースより一回り大きいほどなのでハンドバッグに入れても邪魔になりません。

大きなるるぶと同じ内容、料金も同じですので是非旅のお供にお使いください♪

 

るるぶ香港マカオ'19 超ちいサイズ (るるぶ情報版海外小型)

るるぶ香港マカオ'19 超ちいサイズ (るるぶ情報版海外小型)